2010年04月01日

独自の排出枠制度を検討=直嶋経産相(時事通信)

 直嶋正行経済産業相は26日の閣議後会見で、二酸化炭素(CO2)など温室効果ガス排出量の「25%削減」を達成するため、低炭素型インフラの輸出を通じた独自の排出枠制度を検討する考えを示した。その上で、導入へ向け「国際的に主張していく」と述べた。
 具体的には、新興国や途上国と2国間協定を締結し、日本企業が輸出した原発や新幹線など低炭素型インフラによって減らした温室効果ガスを、日本の削減分に算入する仕組みという。インフラ輸出推進と地球温暖化対策の両立を狙う。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「地球温暖化対策基本法案」
中国銀、環境配慮型住宅ローンを取り扱い=広島市条例に協賛
自動車関係税見直しで研究会=30日に初会合
電気自動車のタクシー運行=都内で初
コスト負担論議、難航も=再生エネ買い取り制度導入で

<名古屋市議会>減税条例修正案を可決 市長と全面対決に (毎日新聞)
<人事>最高裁(毎日新聞)
薬のネット販売禁止、無効請求を却下…東京地裁(読売新聞)
元秘書判決確定後の資料公開を首相に要求へ 自民・川崎氏(産経新聞)
NEC、メタボ健診を30歳まで引き下げ(読売新聞)
posted by おやじなす at 15:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。