2010年03月02日

三澤興一

三澤 興一(みさわ こういち、1974年6月8日 - )は、アメリカ独立リーグ・ゴールデンベースボールリーグのロングビーチ・アーマダに所属する野球選手(投手)。経歴プロ入り前帝京高校では1991年春夏、1992年春夏の4期連続甲子園出場を果たす。高校通算29本塁打を記録するなど3年時はエースで4番だった。1992年春の甲子園では4連投の末、決勝戦で東海大相模高校を3-2で破り、優勝を果たす。1992年夏の甲子園では1回戦で尽誠学園高校に0-1で敗れ、春夏連覇の夢を絶たれる。早稲田大学では1年生の春から登板し、織田淳哉の後を継いでエースとして活躍する。リーグ通算65試合登板31勝16敗、防御率2.10、402奪三振。1995年春季と1996年春季の2回ベストナインに選ばれる。三澤以降、通算30勝投手は現れていなかったが、2007年秋に慶大の加藤幹典が達成した。加藤は30勝のまま大学での登板を終えたため、通算30勝を超えた投手は三澤以降いない。東京六大学野球での奪三振数は、和田毅、江川卓に次いで第3位を誇る。1996年のアトランタオリンピックでは日本代表に選ばれ、大学生にもかかわらず、初戦のオランダ戦に先発し勝利を挙げるなど3試合に先発、1試合リリーフの合計4試合登板し、銀メダル獲得に貢献する。同年のドラフトでは、読売ジャイアンツから3位指名を受け、入団。プロ入り後主に中継ぎで活躍する。時には先発することもあった。2000年には巨人の日本一に貢献している。2001年途中、玉峰伸典と共に田畑一也、真木将樹との交換トレードで近鉄に移籍する。移籍してからは主にビハインドの場面で登板、ゲームを立て直して打線の奮起を促し逆転を呼び込むことが多く、7連勝する活躍でこの年の近鉄のリーグ優勝に大きく貢献する。その後も中継ぎの一角として活躍。2004年に当時の堀内恒夫新監督たっての希望により、根市寛貴+金銭のトレードで巨人に復帰する。怪我もあり15試合の登板にとどまり、オフに戦力外通告を受ける。その後のトライアウトでヤクルトに合格したが、2005年シーズン前のオフに右ふくらはぎ肉離れに見舞われ大きく出遅れ、10月にずれ込んだシーズン一軍初登板では1回6失点など過去最低の成績に終わる。2006年は一軍登板が無く、再び戦力外通告を受け退団。2度のトライアウトを経て中日ドラゴンズに合格する。2

<石川議員逮捕>失職恐れる 否認理由漏らす(毎日新聞)
バス接触の女性死亡、運転士を逮捕 大阪(産経新聞)
八ッ場ダム 国交相、初の住民と意見交換 (毎日新聞)
首都圏連続不審死 大出さん殺害現場物色か 車Uターンも(毎日新聞)
ミラノコレクション開幕、3月2日まで多彩に(読売新聞)
posted by おやじなす at 03:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。