2010年01月23日

11年国会にも法案=教員の質向上で−鈴木文科副大臣(時事通信)

 鈴木寛文部科学副大臣は21日の記者会見で、教員養成課程や教員免許制度などの見直しによる教員の質の向上策について、「目標(として)は、来年の通常国会に何らかの法案を出したい」と述べ、早ければ2011年の通常国会に関連法案を提出する意向を示した。
 文科省は今後、教育委員会や大学から意見を募集するなどして論点を整理した後、中央教育審議会(文科相の諮問機関)に具体的な制度内容の検討を諮問する方針。 

【関連ニュース】
事業仕分けの結果
関空補給金は凍結=住宅機構、出資金を減額
仕分け対象の事業・組織
教員免許更新制を廃止へ=来年度に新制度検討
臨時国会は来月下旬=民主党の輿石氏

<詐欺容疑>近ツー元社員が7億円 大阪地検が逮捕状(毎日新聞)
<ハイチ大地震>日本人医師奮闘 手術に診察、息つく暇なく(毎日新聞)
小沢氏が4億円不記載了承…石川議員が供述(読売新聞)
千葉・市原で民家全焼、姉妹?2遺体見つかる(読売新聞)
火災 飲食店など13棟焼ける 1人けが 東京(毎日新聞)
posted by おやじなす at 22:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、公邸にこもる=秘書官通じコメント(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部が石川知裕衆院議員を逮捕した15日夜、鳩山由紀夫首相は公邸にこもった。深夜になって、秘書官を通じ、「大変驚いている。捜査の状況が分からないので、事態の推移を見守りたい」とのコメントを発表した。
 官邸では首相秘書官らが姿を見せることはなく、ひっそりとしたままだった。
 首相は同日午後7時前に公式日程を終え、官邸を出て、隣接する公邸に戻った。その後は来客もなく、表立った動きは見せなかった。
 一方、平野博文官房長官は、石川議員逮捕の直前、待ち構える記者団を避けるように、裏口から都内の議員宿舎に帰宅した。逮捕後、記者団の求めに応じ、書面で「突然のことでびっくりしている。状況が分からないので、推移を見守るしかない」とのコメントを発表した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

執拗な客引き容疑 店長ら男3人逮捕 町田署(産経新聞)
外国人参政権は三党合意ではない亀井金融・郵政改革担当相(レスポンス)
11都府県が接種開始=新型ワクチン、健康成人に−厚労省(時事通信)
小沢疑惑 前原国交相が「説明責任果たすことが大事」(産経新聞)
親族への優先提供でガイドラインを改正―厚労省(医療介護CBニュース)
posted by おやじなす at 04:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。