2010年01月13日

「はたちの献血」に協力を=若者離れが課題−日赤(時事通信)

 「社会へ第一歩を踏み出すこの機会に、ぜひ皆さんのご協力を」。成人の日の11日、東京都内では、移動採血用のバスが出たり、「はたちの献血」のポスターが掲示されるなどして、成人式や参拝帰りの若者たちに、献血への参加を呼び掛ける光景が見られた。
 日本赤十字社によると、献血者数はピーク時の1985年には約869万人だったが、その後は減少傾向が続き、2008年は約507万人にとどまった。特に16−19歳と20−29歳の年齢層の落ち込みが顕著という。
 一方、総務省がまとめた1月1日現在の人口推計では、新成人は127万人と過去最低を更新。若者の献血離れをいかに食い止めるかが、救命医療を支える上でも課題になっている。
 渋谷区の明治神宮前では、採血バスとテントの「出張所」が設けられた。これまで20年間、同じ場所で実施してきたという東京麹町ライオンズクラブの幹事、橘薫さん(69)は「若い人たちに場所やきっかけをつくってあげることが重要」と話した。
 400ミリリットルの献血を済ませた20代女性は、「近くで友達と会う約束があったので立ち寄りました」。22歳の男性は「初詣での帰り。簡単にできる社会貢献と思っています」と語った。
 日赤によると、着物での献血は、体の締め付けがきついことなどから、「お断りしている」という。 

【関連ニュース】
〔写真ニュース〕「成人の日」の参拝客
英国渡航者の献血制限を緩和=滞在1カ月未満は可能に
血液検査でがん検出=遺伝子の状態変化解析
「スペイン風邪」前生まれに免疫=70歳代以下、ほぼなし
在米被爆者に健診=高齢化進行、1000人に減少

torrentファイルの使い方
今年こそ優勝
債務整理無料相談
ショッピング枠現金化
ライブチャット
posted by おやじなす at 21:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

取り調べ可視化導入、法相「一層力入れる」(読売新聞)

 【ソウル=中村亜貴】捜査段階での取り調べの録音・録画(可視化)に関する韓国の現状視察のため、同国を訪問していた千葉法相は8日、在韓国日本大使館で記者会見し、「可視化の導入を進めるという方向に、より一層力を入れていきたい」と語った。

 韓国では2008年に施行された改正刑事訴訟法により、検察官の裁量で調書を取る間は取り調べの可視化が行われている。

 千葉法相は7日から2日間かけ、日本の最高検にあたる大検察庁などを訪問、ソウル南部地検では録音・録画機器がある取調室を視察した。日本では、可視化の対象は、容疑者が自白後、自白の動機について述べる部分など一部にとどまっている。

 千葉法相は「韓国では、録音・録画によりむしろ安心して事実を述べていると聞いた」と述べた。

x0gbeh7aの日記ブログ管理ツール
がんぞうヒラメ
クレジットカード現金化 比較
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
現金化
posted by おやじなす at 18:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<新型インフルエンザ>京都・長岡京の病院、ワクチン盗難か(毎日新聞)

 京都府長岡京市の済生会京都府病院は5日、新型インフルエンザワクチンの入った容器16本(80人分)がなくなったと府警向日町署に届けた。ワクチンを移動させたという職員がいないため、同署は窃盗事件の可能性があるとみて調べている。

 同署によると、同病院では昨年12月25日に年内最後のワクチン接種があり、午後5時の診療終了後、残ったワクチンを2階の外来小児科休憩室の冷蔵庫に収納。4日午前8時半ごろ、出勤した看護師がなくなっているのに気付いた。【田辺佑介】

【関連ニュース】
新型インフル:ワクチン80人分盗難 京都の病院
新型インフル:ワクチン接種後死亡100人超す 厚労省
新型インフル:英・スイス社製のワクチン承認可能
新型インフル:ワクチンの公費負担を検討 厚労省
新型インフル:中高生のワクチン接種「1回」に変更

カチワリ日記
たけはるのブログ
債務整理・自己破産
クレジットカードのショッピング枠を現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
posted by おやじなす at 15:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。